音楽スクールに通って女子力アップ

音楽スクールで素敵な女性や男性との出逢いを探そう

Page: チェックしておきたい音楽スクールの選び方

音楽スクールには様々な種類があり、その運営形態や目的も様々です。各スクールともに、それぞれに長所があり、数多くの選択肢の中からベストのスクールを選ぶには、相応の調査や事前知識が必要です。スクールを選ぶときには、立地や規模、設備といったハード的な要素に加えて、スクールの提供するメリット、あるいは費用対効果といったソフト面も重要な判断要素となります。ただし最も大切になってくるのは、やはり講師陣の技量や人格でしょう。優秀な講師陣を揃えているスクールは、他の面でも優れた品質を提供している場合が多いと言えます。そのため、スクール選びの際には講師陣を客観的に評価する方法も必要になります。これら様々な要素を組み合わせて綿密に検討を行い、自分の用途や目的に合ったスクールを選ぶことになります。

目的や用途に沿ったスクールを選ぶ

音楽スクールでは楽器ごとに科目が分かれています。ただし、注意したいのは同じ楽器でも演奏ジャンルによってカリキュラムも目的も異なってくる点です。例えば同じピアノ科でもクラシックとジャズでは曲目や演奏スタイルが全く異なってきます。これはギターやベース、ボーカルでも同様です。したがって、自分がどのようなスタイルの演奏をしたいのかを明確にしておく必要があります。それには、自分がどんな曲を演奏したいのかを決めておくのが有効です。そうすれば、選択科目で迷う可能性は低くなります。ただ、あえて選択科目を外すのも一つの手段です。たとえば、ジャズピアノを演奏するために、基礎としてクラシックから開始するのも一つの方法です。自分の演奏したい曲あるいは演奏スタイルがわからない場合は、スクールの講師に相談すると良いでしょう。

講師の技量や相性を事前に評価する

音楽スクールを選ぶ際に最も気をつけたいのは、講師の力量や、自分との相性といった人格面です。講師の力量の指標としては、生徒を指導した経験年数、演奏の実力などが判断材料となります。指導の経験年数はスクールの経歴欄などで調べることができます。また、演奏の実力については、コンクールでの成績や、過去に共演した演奏者といった情報が経歴として公開されていますので、これらが指標として活用できます。講師との相性については、実際に「体験レッスン」などを通して肌で感じることが大切です。講師を選ぶ際には、技量を事前調査して、最終段階として「体験レッスン」を申し込むと良いでしょう。「この講師に習いたいな」という勘が働くこと、あるいは、「この講師なら楽しく続けられそうだ」という気持ちになることが、判断基準として非常に大切です。

Comments are closed.