音楽スクールに通って女子力アップ

音楽スクールで素敵な女性や男性との出逢いを探そう

Page: 音楽スクールに入る時に重視したいこと

何かやってみたい事があり、音楽スクールを選ぶとします。まずは、自分のやりたい楽器のコースがある事が一番肝心です。しかしそれで絞っても、よほど特殊楽器でない限りは、まだまだ選択肢がたくさんある状態でしょう。その多くの選択肢から、更に絞り込み、最適な音楽スクールを選びましょう。楽器の次に重要な要素は立地と費用です。その三点をクリアするスクール数がもし少なかったら、全校を直接見学に行っても良いかもしれません。しかし、そうするにはまだまだ選択肢が多すぎるのならば、次の点を重視して絞り込みしてみて下さい。レッスン室の利用や防音事情、更に講師を指名出来るシステムかどうかについて知る必要があります。これらの情報は、ホームページを見るだけでは分かりにくい場合が多いので、直接問い合わせる事も必要です。

空き時間にはレッスン室を自由に使えたらベスト

自分のレッスンの時間より、随分早く到着してしまった。または、本日のレッスンは終わったが注意された所を今すぐ復習して忘れないようにしたい。そんな場合は、空いているレッスン室をスクール生が使用出来るシステムだと随分助かります。まさに、時は金なりです。1時間、レッスン前後に練習出来る環境にあるのと無いのとでは、上達がかなり違って来るでしょう。費用の安いスクールは、どうしても少ないレッスン室を最大限に稼働させている場合が多いです。一見費用が高く見えても、練習室使用を許可しているスクールならば、トータルで考えれば得になっているのかもしれません。そして、見学に行った場合は、レッスン室の防音事情もチェックしてみて下さい。学校によっては、楽器同士だから、ということで、防音がとても甘い部屋を設置しています。いくらお互い様といっても、隣の部屋の音がそのまま伝わってくるのはレッスンも集中出来ませんし、個人練習で使用しても他の部屋の音が気になってしまいます。完璧な防音、というのは難しいですが、集中出来る最低限の防音設備は必要です。

いくら有名講師がいても習えなくては意味が無い

習いたい楽器の講師一覧は、ホームページで見られる場合が多いです。その中に、お目当ての有名ミュージシャンはいますか。特に目当ての先生がいないから、悪いということは決してありません。問題なのは、目当ての有名講師がいたとしても、実際にその講師からレッスンをしてもらえる確率はとても低いかもしれない、という事です。自分で先生を指名出来るのか、学校から指定されるのか、それによっても違いますが、有名人の場合はまた別のシステムが導入されている場合がありますので、問い合わせが必要です。例えば、生徒の実技ランクをA、B、C、D、Eと分けている学校があるとします。Aが最高レベルでEが下のレベルです。ランクAの生徒でないと、その有名講師に師事する事が出来ない、師事したいなら今の先生のままレベルアップするまで頑張り続けるしかない。そんなシステムを取っているスクールもありますので、細かい点も遠慮なく質問しましょう。ホームページだけでは分からない小さな事情も調べてみると、音楽スクールも良さそうな候補が絞れてきたのではないでしょうか。良い選択をして音楽ライフを充実させて下さい。

Comments are closed.